なんかへんなもんがおっこちてったぜ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新しいデジカメ。

結局P社のDMC-LX3に買い替えた。「年内に彼女を作ったら買い替える」とか寝惚けたことを言っていたが、彼女よりデジカメが勝った。それだけのことだ。

まだ日常生活の中での「チョイ撮り」しかできていないが、それでも2世代違うだけでここまで進化するものかと感動している。解像度よりもレンズの明るさかな。これはいい買い物をした。発売後半年以上待って買っただけにだいぶ値落ちしていたし。動画も撮ろうと思ったら撮れるし。防水じゃないけど、それはこの際いいよ。

これでまたパンフやリーフやフライヤーのクオリティもアップするかも。あとは彼女ができれば帳尻が合うじゃないか。






3Dケータイ!
昨日、渋谷に出かける用があって、ついでに久しぶりに量販店を覗いて、最近のデジカメやらケータイやらの実物を触ってきた。その中に以前から気になっていた「裸眼で3D視できるケータイ」ことWoooケータイ・H001のホットモック(模型ではなく実際に動いている展示用ケータイ端末)があったので、ホントに裸眼で見えるのかとパカッと…

うおおおおっ!!! 3Dぃぃぃぃぃっ!!!

いや、3Dに興味ない人はここまで興奮しないだろうが、私は一気にテンションアップ。しかもサンプルの静止画は牛丼だったり。牛丼の3D写真。なのに「うぉぉぉぉぉっっ!! 牛丼が3Dぃぃぃぃぃっっっ!!」と大興奮。サンプル動画も3D。素晴らしいことこの上ない。

確かに「立体に見える」ように見るのにはコツがある。視力の違いもあるだろうし、誰しもがキレイに3D画像を楽しめるわけでもないかもしれない。でも、あれは私が子どもの頃ちょこっと流行った「立体シール」みたいな感じでよかったなあ。いいなあ。欲しいけど今の端末がまだあと1年以上縛りがあるからなあ。

それ以外の機能はこの際どうでもいいよ。しかも、これまた「長続きしそうなテクノロジー」に見えないところが不安を煽るよ。とてもニッチな層にしかウケなさそうで心配。私が機種変する頃まで進化を続けてほしいぞ。


JUGEMテーマ:ケータイ


デジカメを買う条件。
少なくとも現時点で「欲しい」と思えるデジカメが5機種はある。そのうちのひとつは安くなったとはいえデジイチなので、撮る技術というか「さあ、写真撮るぞ」的な意気込みが必要というか、そうそう使う機会もなさそうなので省いたとして、それでも4機種ある。

トイデジ1機種、トイデジに近いチープだけどよさげなのが1機種、現在メインで使っている機種の2世代後継機が1機種、動画に力を入れている1機種の4機種だ。順に並べていこうか。













最後の1機種は他の機種に比べてややお高めだが、これが無理なら防水型のこれも候補に入れてもいい。



今私がサラリーマンだったら、このうちの半分は勢いで買っていたかもしれないと思うと恐ろしいものがあるが、金銭的自由が失われた(大げさ)今でも、このうちのいずれか1機種は手に入れたい。でも、考えればキリがない。買えず選べず悶々とした日々を送るのも精神衛生上よくないので、ある条件を設けることにする。この条件をクリアしたら、どれかひとつ買うことにする。その条件とは…

「年内に彼女を作る」

デジカメ欲しさに彼女作るんじゃないかと思われる人もいるかもしれないが(特に私をよく知っている人)、そんな本末転倒なことはしないぞ。ちゃんと、彼女ができたら、彼女に「このデジカメの中から好きなものを選んでくれ。それで(主に)君を撮影するから」と言うし。どのカメラを選ぶかで彼女の趣味嗜好までわかりかねないというオマケ付き。

年内に彼女ができなかったら、デジカメは諦めよう。来年は薄型テレビにしよう。少なくとも現時点で「欲(以下略)



欲しいけど買わない。
特にフィギュアを集める趣味はないのだが、海洋堂のリボルテック・シリーズの出来が良いのは素人目にも明らか(いや、こだわる人には不満も多いみたいだが)。なおかつ『よつばと!』のダンボーのアマゾンボックス・バージョンとなると、アマゾンで散々注文してきた人間としては手元に置いておきたくなるもの。実際、最初に出たバージョンのは買ってしまった。そして今年はこれだ。



これはズルいだろう。いや、リボルテックにも『よつばと!』にもアマゾンにも縁のない人間から見たらどうってことないガラクタにしか見えないだろうが、知っている人にはたまらないものがあるだろう。小さいのに動く、光る、というギミックがたまらない。しかも安い。食玩に比べれば高いけど、このテのフィギュアの中では結構お手頃価格だろう。

でも、買わないぞ。こういうのは買い始めたらキリがない。せっかく引っ越して物買わなくなったんだから、この機会に買わない。

プレゼントしてくれるなら話は別だけどな。

JUGEMテーマ:日記+情報
デジ一でムービーを撮る時代。
デジタル一眼レフカメラ、通称“デジ一”はコンシューマ向けコンパクト・デジカメ同様「高機能化」「高画素化」「低価格化」の流れに乗っていて、9月に発売されるニコンの新製品D90(リンク先はニコンの製品情報サイト)もすごいことになっている。

アメリカのコマーシャル・フォトグラファーとその仲間たちが、発売前のD90を借りて撮りまくったのだそうな。その様子がYouTubeにもアップされている。これは確かにいい宣伝にもなるが、メーカーの自信の顕れでもあるな。

続きを読む >>
チャリが欲しい!
ここ数年、自転車選びに失敗している。やれ折りたたみだ、やれスマートなタイプだと思って買ったはいいが、近所が坂だらけということも手伝って、なかなかモチベーションも上がらずに2台ばかりダメにしている。もともと自動二輪も乗っていたりするので、やっぱりバイクかなあなどと思っていたのだが(自転車のこともバイクと言う。というか、自動二輪はオートバイかモーターサイクルかモーターバイクなのね)、この記事を読んで目から鱗が落ちた!

nikkei BPnet 環境ポータル ECO JAPAN
エコ&健康&カッコイイ! ヒキタの自転車入門講座
第3回 しからば、どんな自転車を買えばいいのか?

詳しくはリンク先の記事を読んでいただければわかるのだが、この記事が書いていることを簡潔にまとめると…

*ママチャリはNG
*2〜3万円のスポーツ自転車もどきもNG
*中途半端な変速機よりも車重が軽い方がいい(軽い自転車ほどいい自転車)

ということらしい。いい自転車ほど高くなるらしいのだが、それでも最近は5万円〜7万円の価格帯でもいいものが出てきているそうで。私なりに見てみたところ「どれくらいの車重だと軽いと言えるのか」は大体10〜12kgのラインのようだ。それより軽いと「軽い!」と言っていいみたい。この選択基準は知らなかった。いい情報を得たぞ。

ということで、本当はこの記事にも紹介されていたトーキョーバイクあたりをこのエントリでも紹介したかったんだが、Amazonにも楽天にも扱っているところがなかったので、同じく記事に紹介されていたブリヂストンのクロスバイクを紹介。これはかっちょいいし軽い(11.3kg)し、何よりお手頃価格だ。トーキョーバイクは更に軽い10.8kgなので迷うところだが、もう少し生活に余裕が出てきたらどっちか買うつもりである。今度こそ乗りこなすぞ。

JUGEMテーマ:クロスバイク
美しいミス。
英国で発売されたiPhoneのメモリーに偶然台湾工場の女性作業員がピースしている写真が保存されたままだったという話。いいなあ。

この写真ファイルを公開した是非を問うのは難しいが、工場の広報担当者のひと言がイイネ。以下、記事本文より一部抜粋。
広報担当者は「小さなミスは避けられないものです。わたしはこのミスを『美しいミス』と呼ぶことにします」と語った。工場側は、アップルは今回の件に関して非常に理解を示してくれたとしており、今後の再発防止に努めていくとしている。
「ミス(miss)」と「Miss.」を引っ掛けてるのかはわからんが、乙なコメントをするものだ。これに対して、画像の存在を知った人物のコメントもイイネ。
一方で、こうした動きを残念に思う人びともいるようだ。ある人物は、インターネット上の掲示板の書き込みで、「iPhoneを製造するすべての中国人労働者が、自分や同僚などの写真を撮ってくれたら、ぼくらは会うはずもなかった人と会えることになるんだよ。これぞまさに、グローバリゼーションじゃないか」と主張している。
ネットにアクセスしているみんながみんな、このような考え方をするかどうかは怪しいところだが、この写真の女性がキュートな人でなかったら果たしてここまでのコメントが出たものか聞いてみたいところではある。

JUGEMテーマ:iPhone
二眼レフ風デジカメ。
写真を撮影するのは好きだが、詳しい性能などハードウェア的に突っ込んだ仕様の話となると、ちょっとピンとこないものがある。だから二眼レフデジカメが一眼レフデジカメやコンパクトデジカメと違って何が良いのかさっぱりわからない。ただ、フォルムがかわいいというのと、2304×2304ピクセルのスクエアフォーマットというのが面白そうだというくらいしかわからない。「ローアングルが無理なく撮れる」みたいな売り文句が販売元のサイトに記載されていたが、ローアングル専用カメラというのも変だろう。持つ人次第では、あらぬ誤解を受けそうじゃないか。

でも、何となく売れそうではある。このフォルムに惹かれるユーザーは多そうだな。
そんなに萌えたいか。
いつでもどこでも「ぷちぷち」できるバンダイの「∞プチプチ」は、昨年9月に発売して1週間で約30万個売りさばいたそうな。価格も手頃だし、プレゼントするのにも面白いし、それなりにハマるしってことで、売れたことにそんなに疑問を抱かないが、今度はそれの「萌え」バージョンが登場する。

100回ぷちぷちして変な音が出る仕様だったものが、50回ぷちぷちして萌えボイスが出る仕様に。さらにはぷちぷちをやめると15秒ほどで「おねだりボイス」をかましてくるという、どこまでもニッチな仕様になっている。

すごいなバンダイ。次は腐女子向けバージョンを出してみてはどうか。


バッテリー不要のITガジェット。
ソニーデザインの odo はバッテリー不要(といっても手動で発電させるのだが)のITガジェットコンセプトだ。基本的には子供向けの「ITガジェット(デジカメとかデジタルビデオとかヘッドフォンとか太陽電池とか)入門機」みたいなものらしいが、デザインといいエコな仕組みといい、大人でも充分楽しめそうなものになりそうだ。

これからの時代、こういうバッテリーレスでシャレたデザインのガジェットが流行るんじゃないか。発売されればの話だが。

今なら企業のイメージアップにもつながるし、利益にも貢献できそうだし、エコロジーだし、オシャレだしで言うことなしなわけだから「早く製品化を!」という声も各所であがっているのだが、量産化技術が難しいのかコストが割に合わないのか、そう簡単に市場に出るものでもなさそうだ。

ソニー自体は2006年から研究を始めて今年製品のホットモックというかプロトタイプ(稼働する試作品)を発表しているから、早ければ来年出るかもね。というか、来年逃したら厳しいんじゃないか。