なんかへんなもんがおっこちてったぜ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

複数の動画を紹介できるEmbedr
ブログなどをやってるとYouTubeやニコニコ動画の面白動画なんかを紹介したくなるだろう。それも一気に複数の動画を紹介したい時なんかは今までひとつずつエンベッドしていかなければならなかったが、このEmbedrというサービスを使えば簡単に複数の動画を紹介できる。オリジナルの動画をたくさん作って紹介したい人にもオススメだ。

試しに登録してサンプルを作って埋め込んでみた。サイズも色もカスタマイズ可能なので、様々なブログの幅に合わせられる。



JUGEMテーマ:YouTube


ラーメンライスの意義を考える。
俗に言うラーメンライスの話だ。

「生まれてこのかたラーメンなんぞ食べたことがない」という人のために説明するが、ラーメン味のするライスではなくて、ラーメンのサイドメニューとしてライスを注文して食べるそれを乱暴にまとめて「ラーメンライス」と言う。「ラーメンに付属しているライス」という見方でもいいだろう。とにかくラーメンを食べて、ライスも食べるのだ。

常々思っていたのだが、ラーメンはカレーに匹敵する「進化した料理」ではないか。一般的には惣菜と主食である白米と汁物の組み合わせが日本の食事というものだろう。ラーメンは麺を主食と想定すると具材が惣菜代わりでスープが汁物の代わりになっている、つまり一食で標準的な「食事の組み合わせ」を賄っているものと考えると、随分効率的だなと思えるのだ。

だが、そう考えるとラーメンライスの存在に違和感を覚える。麺も主食だし、白米も本来の日本の主食である。主食 c/w 主食、主食オン・ザ主食、あるいは主食イン・ザ主食とならないか。

ラーメンをまるごと「おかず」と考える人もいるだろう。ではたとえばパングラタンとパンだけを一緒に食べるかと言われればどうか。パングラタンなんぞ食べたことなければ聞いたこともないという人には、お粥を食べながら普通のライスも食べるか、もしくはお雑煮を食べながらライスも食べるのかと聞きたい。ラーメンライスってそういうことではないのか。

私自身も何も考えないでライスをサイドオーダーすることは多々ある。ラーメンを大盛りにしたほうが安上がりな場合があっても別個にライスを頼んでしまうことがある。理由は思い浮かばない。単に食感の違いを楽しみたいとかいう話でもないような気がする。

ということで、久しぶりにnifty投票を使って、このブログに訪れる諸氏に問いたい。そもそもラーメンライスを食べるのか否か。余力のある方は、コメント欄に「食べる理由」なども書き込んでくれると参考になる。なお、この投票はよそのブログにも貼付けられるようなので、ご自身のブログでもよかったら投票を募ってみてください。



JUGEMテーマ:ラーメン


恋文を書いたことがあるか。
いわゆるラブレターというものを書いたことがあるかと記憶を遡ってみたが、どうにも思い出せない。ということは書いたことがないのか。届いた恋文に対してお断りの手紙を書いたことはあるが、自分から誰かに愛の告白をするような恋文は書いたことがないかもしれない。あるいは、書いたけどスルーされたか、とにかく苦い思い出なので記憶にないか、どっちかだと思う。

なんでもケータイ用ラブレター辞書がリリースされたようだが、果たして最近の若い人たち(若くなくてもいいけど)はラブレターのようなものを書くことがあるのだろうか。パソコンやケータイのメールで「告る(告白する)」人の話を聞いたことはあるが、よほど上手いこと書かない限り、スパムエロメールと大差ないものにならないか。

やはり恋文を書くなら直筆で便せんにしたためることをオススメする。何をすすめてるんだ、私は。

JUGEMテーマ:日記+情報


疑似娘ビデオ。
企業サイトの映像コンテンツが凝り始めてきたと書いたばかりだが、今度はソニーのハンディカムのサイトで面白いコンテンツが掲載されている。簡単に言えば「誰でも娘の成長を記録した映像を作れる」サービスだ。ただし、自分の娘ではなく、見知らぬ娘の成長記録だが。おまけに複数の役者を使っているから、子供の頃の面影が全くない娘に育ってしまうが。それでも、ハマる人はハマって、最後には竹内まりあの曲をバックにうるっとくるらしい。


全部で50の映像パーツがあるようで、最初から全部を網羅して「記録」するのも難しく、むしろ「何回も」やってみて、お気に入りの一品を作るのが正しい楽しみ方のようだ。エンディング(?)も数パターンあるみたい。

いろいろ考えるなあ。
JUGEMテーマ:日記+情報


言葉のない動画カタログ。
インターネット上に動画コンテンツが掲載されるようになって久しいが、言葉の障壁というものがあって、海外のコンテンツはもちろんのこと、下手をすれば国内のコンテンツですらわかりにくいものがあったりする。たとえば、ある製品やサービスなどを動画で解説していたりするが、何を言っているのかわからなければ結局意味がない。

無印良品が今年から始めた「動画カレンダー」とも呼べる「play MUJI」は、ただひたすら無印良品が扱っている製品を「使っているところ」を見せている。そこにある「言葉」は製品名称くらいのもので、それ以外に余計な言葉はない。ただ「使っている」動画だけが掲載されている。これがとてもわかりやすい。

舞台なんかでも、言葉のない「舞踏」の類いが海外公演で評判良かったりする。言葉による表現を否定するわけではないが、こういう「動画の上手い使い方」が増えていくといいな。

MUJI Global|Play MUJI






JUGEMテーマ:日記+情報


東部警パチて。
アイデアとしては悪くないと思う。

パチ刑事β

ただ、ゲームとしては今ひとつ自由度が盛り上がらない上に、クルクル回っている写真が全部人相の悪い写真だもんだから、当たってもあまり嬉しくないのが惜しい。

かと言って、GTAみたいにして、街で見かけたら射撃できるなんていう風にしてもよろしくないんだろうけど。そっちのほうがウケるような気はする。



ライブチャットの向こう側にシロクマがいてもいいと思う。
ブログにアクセスしている人なら「ライブチャット」という言葉は聞いたこと(あるいは目にしたこと)があると思う。インターネットを介してリアルタイムに会話をする仕組みを広く「チャット」と呼ぶが(パソコン通信時代はインターネットは関係なかったけど)「ライブチャット」というと、映像と音声、つまりWebカメラを通じて複数の人間と「テレビ電話」で会話をする仕組みというニュアンスが強いみたいだ。

必ずしも双方向で「顔を晒す」わけではなく、一方が公開して、片方は音声だけとかテキストだけで会話するというのもあるが、一昔前は「男だけの世界」だった。少なくとも日本では。これがいつしか、顔を出すのは女性で、男は顔を出さずに声やテキストだけで会話に参加するというシーンが増えたようで。元は風俗的なエロい目的で盛り上がったサービスもあったが、最近では公開番組のパーソナリティよろしく、ただ顔を出して喋っている(あるいはチャット相手と会話している)だけの人も増えてきた。

そこに目をつけた人がいたのか、こういう商売が大々的に宣伝されるようになった。

登録の方にWEBカメラプレゼント中!!☆お仕事しマシェリ☆





これを嘆かわしいととるか先進的ととるかはその人次第だが、私がもし女性だったら40代でも参加していたと思う。キャッチコピーはちょっとアレだけど。

ある程度人気も出ないといい稼ぎにはならないかもしれないが、何よりいろんな人と対話する機会が増えるというのがいい。中には変な男も交じっているだろうが、意外とチャット上では紳士的な対応をする男性が多い。それはなぜか。チャットの主に気に入られたいからに他ならない。

このチャット「番組」にアクセスする男性に下心がないと言えば嘘になるだろうが(そういう人間ほど紳士的だったりするかも)、単純に普段女性と会話する機会のない男性や、ただ癒しを求めたい男性も少なからず存在する。下心の受け皿だけなら、エロい子に人気が集中するだろうが、そうでない人にとっては、それこそ素朴な女性や、場合によってはブサイクちゃんがウケるかもしれない。中には美人やカワイコちゃんほど信用おけないと思っている男もいるのだ。

場合によってはニュース記事にあるシロクマがカメラの向こうにいてもいいのかもしれない。猫だったら大人気になるかもしれない。みんな必死でカメラの向こうの猫の気を惹こうと、音声や映像を送ってくるかもしれない。でも、それが癒しになるのであれば、それもいいんじゃないだろうか。

前のエントリーで書きそびれたが、今「寂しい人」が多すぎる。「愛」が必要なのはわかっていても、その「愛」に到達できなかったり、「愛」そのものがわからなくなっている人がたくさんいる。そういう人たちを救済(あるいは自分自身が救われる)ためにも、こういうライブチャットみたいなサービスはとっかかりとして肯定的に捉えた方がいいんじゃないかな。ただ顔を出して見知らぬ相手と会話するだけで金がもらえるなんて上手い商売はない、と思う人もいるだろうが、今やそういうニーズがあるから商売になるわけで、いずれチャットレディのみならずチャットジェントルマンも募集される時期が来る可能性もあるぞ。

JUGEMテーマ:チャット
「コンドーム♪」と歌うケータイ。
いいなインド。日本でも流行りそうなものだが、効果のほうは保証しない。

まずは着信音(着うた)だけ聴きたい人はこちら。「コンドーム・アカペラ(condom a cappella)」って曲名もストレートでいいね。YouTubeにはCMもアップされていたので貼っておく。ケータイの人は機種によってはここから見られるかも。



なんか楽しそうなCMだねえ。ついでに「投票」も作ってみたので、興味のある人は答えてください。






JUGEMテーマ:アジアのニュース
便利な投票ツール。
もう最近はいろんなツールが氾濫してるのね。

このシンプルな投票(アンケート)ツール「@nifty 投票」は、今年の3月からβ版がサービス・インされているが、大変シンプルで使いやすい。ということで、ちょっとこのブログ用に作ってみました。



アクセス数がある割にはコメント欄に何の書き込みもないので、たぶん大方の人は「アクセス&ゴー」の状態なんだろうけど、そうでもないよという人は投票してみてください。投票の結果如何ではブログの方針が変わるかもしれない。

JUGEMテーマ:ブログパーツ


雑誌の附録にシンセサイザーが付いてくる時代。
すごい時代になったものだ。昔はドラえもんの漫画の中でしかあり得ない世界だったろ。のび太が仰天してただろ。未来の雑誌の附録に。

附録のSX-150というアナログ・シンセサイザーは限りなく低コストで製作するために極力無駄を排除したものにしたらしいんだが、それにしてはよくできているとテクノ・ミュージシャンたちから絶賛されている。早く書店に行かないと売り切れる!と思ったら、まだ残ってるよ。発売翌日に慌てて買いに行かなくてもよかったね。自分。



あまりにも素晴らしい雑誌だったので、カタコトの英語で海外にも宣伝(初出・YouTube)。全く反応ないけどね。
※ビデオ内で定価を米ドルに換算すると30ドル以下と言っているが、実際は30ドル以上する。換算間違い。それ以上に言っている自体がいい加減なので、細かいところは気にしないように。

JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌