なんかへんなもんがおっこちてったぜ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

WiMAXはどこまで浸透するか。
UD01NAずいぶん間があいてしまった。

次世代通信規格と言っていいのか、高速通信を謳ったWiMAXモジュールをUQコミュニケーションズというところが展開していて、モニター募集をしていたので応募してみたら当選したので、今このエントリをUQ WiMAXが提供するモジュールのひとつUD01NAを使って書き込み中。

基本はWindows OSユーザー対象なんだが、うちのMacBookにはVMWareを使ってWindowsXP SP3を積んでいるのでいいだろうと思って応募したんだな。で、動かなかったら返却しちゃえって思っていたんだが、このMacOSX(10.5)+ VMWare 2 + WindowsXP SP3の環境で何の問題もなく使えたよ。もうね、インストールもUSBに差し込めばいいだけ(専用ソフトが勝手にインストール作業をしてくれる)なのでラクチン。

肝心の通信速度だが、大田区某所の自宅屋内では1.2〜1.4Mbpsくらい(gooスピードテスト調べ)。「電波弱」でそんなか。屋外に強いサービスだと聞いていたので、まあこんなものかなと思いつつ、大手町に出かける用事があったので、そこにも持って行って、喫茶店で使ってみた。そこではスピードは計測しているヒマがなかったのだが、辛うじて使えた。ただ、入口から入ってスグのところでもなかったので、窓際でアクセスしてみたらもう少し安定していたのかも。

家に仕事先から借りてるWindowsマシンがあって、これが長いことネットにアクセスしてなかったので、この機会にと思って使ってみた。SP1をSP3の状態にするには非力なのかネットにアクセスしてどうこうというわけにもいかなかったが、普通にアクセスして5〜6メガのファイルをダウンロードする程度なら特に問題なし。YouTubeなどの動画も「電波弱」でも見ることはできた。

では、果たして月額使用料4500円弱というのはリーズナブルか。環境の充実具合にもよるが、現在月6000円前後支払って出先からネットにアクセスしているような人にはお得かも。WiFiスポットやdocomoのMzoneサービスなどを積極的に使っているユーザーにとっては高いかも。WillcomのどこでもWiFiがどこまで使えるかまだわからないので、コストだけ比較した場合は現時点ではまだまだ高いかもね。私は7月になるまで無料モニターだからいいけど。



JUGEMテーマ:WiMAX

お手軽生中継。
昨年、諸般の事情でケータイをauからイー・モバイル「S21HT」に変更したのはいいのだが、これがWindowsMobileケータイ(スマートフォン?)で使い辛いのなんの、あと2年こいつと暮らすのかと考えただけで頭が痛くなったのだった。

使い続けて約3か月。一向に慣れる気配もなく、ケータイからネットにアクセスする頻度が減っただけでなく、メールをやりとりする頻度すら減ってしまったのだが、年末に7人集まったオフ会で3人がイー・モバイル・ユーザーという希有な状況に遭遇。情報交換(と言ってもこちらは情報をもらう一方だったが)した際に面白いサービスを教えてもらい、俄にケータイの稼働率が高くなった。

Qik:
http://qik.com/

簡単に言えば「ケータイで動画を生中継できるサービス」だ。ケータイの電波の届くところであれば、どこでも映像の生中継が可能だ。



サンプルに先頃撮影した動画を貼付けておくが、こんなのがアプリを立ち上げてワンクリックでできるっていうんだから、時代も変わったな。ただ、このサービスが使えるのは、国内では今のところWindowsMobile機とiPhoneくらいしかないので、日本ではそんなに盛り上がらないかもしれない。でも、そんなことはどうでもいいのだ。使えないと思っていた手元のケータイが急に「面白ツール」に生まれ変わったわけだから。うひひ。

このブログの右上にも専用小窓を設けたので、タイミングがよければ「生中継」を見ることができるぞ(過去の撮影動画は見られない→ここから!)。






JUGEMテーマ:日記+情報


これが42だったら喜ぶ人が世界には結構いると思う。
「転送すると幸せになる星雲の写真」が出回ったことがあったが、これもまた宇宙に興味のない人たちにそんなようなカタチで出回るのだろうか。

この数字が42だったら、喜ぶ人が世界中にいると思うが、さすがにそんな風に見える星雲はないわな。

JUGEMテーマ:宇宙


「エコカー」もいいけど「エコバイク」を増やしてほしい。
なんで今日に限って立て続けにエントリをアップさせているのかというと、今日の朝早くから用事があって、もう寝たら起きられない時間になってしまったので、こうして眠気防止に書き続けている。それにも限界はあるわけだが、あと2つくらいアップしようか。

さて「エコカー」ネタ。ハイブリッド・カーやら燃料電池カーやら、様々な低燃費車が研究・開発されて久しいが、手頃な価格で一般庶民でも買える「エコカー」の開発においては日本が世界をリードしているらしい。資源のない国ならではの現象か。石油に依存できなくて別の視点から国を発展させたドバイみたいなものか。あちらさんとはやってることの桁が違うけど。

未来好きの私としてはエコがどうこう言われる前から「電気自動車」が街中を走る社会に憧れていたのだが、大人になって思うのは「車よりもまず自動二輪の電気化」を、特に都市部では考えてほしいなということ。メーカー側からすれば、全国展開はもちろんのこと海外にも展開しやすい四輪車の電気化(もしくは低燃費化)のほうが現実的な話なんだろうけど、本気でエコを考えるんだったら少ないエネルギーで長距離走る自動二輪を電気化させたほうがいいんじゃないかと思うぞ。

4〜5人乗りの車を1〜2人しか乗せないで運転している車は多いだろう。その時点でかなり無駄が発生しているんじゃないか。その分、バイクかハイブリッド・バスを増やしたほうが環境には優しいんじゃないか。

いずれにせよ、ハイブリッド・カーなり電気自動車なりが増えると、チャリンコ乗りにとっても過ごしやすいのはいいけどね。

JUGEMテーマ:エコプロジェクト


エコエコ言うなら全部電気自動車にしちゃおう。


もういっそのこと都市圏は電気自動車じゃなきゃ走っちゃダメとかにしてはどうか、と以前からあちこちで騒いでいるのだが、騒いでいるだけでは実現できないな。地デジとか普及させるよりこっちの方が先決なんじゃないかと思うんだけど。

せめて電気オートバイだけでも普及させようよ。某メーカーは頑張ってたけど気付けば尻すぼみの状態だし。まあ、そんな私は車もオートバイも持ってないんですけど。

※参考:米クライスラーのDodge EVのページ

JUGEMテーマ:エコプロジェクト
 
2014年宇宙の旅。
人間はいろんなものを宇宙に放っているのだな。この彗星探査機「ロゼッタ(Rosetta)」も2004年に打ち上げて、目標地点に到達するのはそれから10年後の2014年だって。気の長い話である一方、冷静に考えたら、早いうちからちょっとでも進路がズレたら目標地点に到達しないわけで、そこらへんも技術の進歩でクリアしているのかと思うと、ちょっと感動。

The Rosetta Mission 2014


Rosetta earth fly by


JUGEMテーマ:宇宙


Firefoxユーザーには便利かも。Ubiquity for Firefox
まだバージョン0.1.1だけど。

※Mozilla labsのイントロダクション(英語)

百聞は一見にしかず。


Ubiquity for Firefox from Aza Raskin on Vimeo.

ちなみに発音は「ユビクィティ(ユビクゥィティに近い)」みたい。

JUGEMテーマ:Firefox
まみむめ藻。
子供の頃、ちょっと知恵がついてくると、しりとりとかで相手に嫌がらせをするために「一文字」で返したりするだろう。

 「たらばがに」
 「にゅうどうぐも」
 「もも」

「も!」

あと「酢」とか「目」とか「木」とか「毛」とか「胃」とか「絵」とか思い切り一文字の言葉を返して相手の反応を伺ったりしなかったか。

「藻」と聞くと、どうしてもそれを思い出してしまう私は悪い子でしたか。

最近はバイオテクノロジーで海藻を人工的に創り出せるらしい。すごいなバイオ。食品の遺伝子組み換えではさんざん叩かれるのに、こういうのは誰も文句言わないんだな。腹に入らないからか。

しかも、クレーンゲームの景品で出回るらしいぞ。藻が。一息で言うとちょっとシュール。

「クレーンゲームで藻」


藻に感情はないんだろうが、藻の立場としてはどうなんだろう。

「んもー!」


言わない言わない。





ヒトの進化を遡る。
詳しくはリンク先のニュース記事を見ていただければいいが、人類の進化形態は私が子供の頃に習っていたことよりもだいぶ見直されているみたいだ。

単純に原人(ジャワ原人とか北京原人とかハイデルベルク人とか)から旧人(ネアンデルタール人)を経て新人(ホモ・サピエンス:知恵のある人)に進化したと思っていたが、旧人と言われたネアンデルタール人がホモ・サピエンスの先祖ではないことがDNA解析によって証明されているんだと。でも、ホモ・サピエンスみたいに進化せず、2万数千年前(記事には28,000年前とあるが)に滅んでしまったのは、いろいろと劣る部分があったからだみたいなことが言われていたらしく、今回の科学研究報告の結果「そんなに劣ってなく、単に別の文化を歩んでいた」みたいなことがわかったらしいね。

そもそも何を根拠に「バカ」なのか。現代人が過去の原人の時代にタイムスリップして生き延びれるかを論じるのと同じくらい意味のない比較論のような気もする。記事のタイトルの付け方にも問題あるだろうけど。

JUGEMテーマ:科学
「かざす」未来。
未来来たよ未来。かざすだけで映像や写真データなんかをパソコンに高速転送できる技術だってよ。以下、そっけない記事本文を抜粋。
ソニー(Sony)は、大容量の映像などのファイルを高速転送できる近接無線転送技術「TransferJet」(トランスファージェット)を開発した。機器をかざすなどするだけでファイルが送信できる、シンプルなワイヤレス技術。最大560 Mbpsの高速データ転送が可能。
かざすだけで充電できる技術は既に開発が進んでいるようだが、高速データ転送というのは初めて聞くね。もうね、未来でしょ、SFでしょ、これ。かざすだけでいろんなことできちゃうって、SF漫画やSF映画でよくあるシーンだよね。SF的未来が大好きな私にとっては興奮モノである。

SUICAや電子マネーが登場した時も興奮した。便利だとかそういうこと関係なく使っているぞ。もう、改札通るだけで「ああ、オレは未来にいる」って感じ。この「かざして云々」というのは、たまらなく未来を感じさせるのだよ。どんどん人間が堕落してダメになっていくんだけどね。

JUGEMテーマ:デジカメを使って